2017.02.01

松山大学in経済学部

12月5日(火)松山大学経済学部で出張講座を開催しました!

 

今回のテーマは「結婚・共働き・専業主婦」

各グループで事前にお互いの考えをまとめてもらい、意見の共有をしてもらいました。

<学生達からはこんな意見がでました(一部抜粋)>

・結婚については自分の自由な時間はなくなるかもしれない・・・?と言う話が出ました。

共働きについては今の時代、一人で働くのは経済的な安定を見込めないというのと、自分たちの親も共働きが多いので共働きには賛成です。

・専業主婦については、片方の収入がしっかりしているのなら専業主婦でもいいのかな…?と後、女性だけが専業主婦というのではなく、男性の専業主婦もありだと思います。

・結婚するという部分は賛成で、少子化を防ぐし、老後の孤独死を防ぐという意味でもいいのかな?と思っている。しかし、専業主婦か共働きかと聞かれたら意見が分かれていてます。

♪いろいろな価値観の中で互いの考えを共有できた時間になったと思います。

DSC_0131

続いて・・・・社会人ゲストの方々にご登壇いただき、自身が経験した恋愛・就職・結婚・子育てについてリアルにお話いただいた後は、Q&A形式でお二人に更に突っ込んだお話を・・・(笑)

ゲストにお迎えしたのは、

IT企業にお勤めの渡邉 光さん(サイボウズ株式会社)

アパレル業界にお勤めの新開 茉美さん(青山商事株式会社(洋服の青山))

DSC_0117 DSC_0123

Q&Aでいくつか質問した中から抜粋してご紹介します。

<Q:結婚の決め手は?タイミングと相手について。>

お互いが意識し合った・・・雰囲気かなと思います。僕の中では結婚したい相手と結婚しない相手というのが当時あって・・・料理がおいしいとか掃除ができるとかそういう所を見て結婚の意識は高まったかなと思いますね。学生の時は外見(笑)。でも自分が年を取っていく、社会人となってどんどん仕事をしていく中でやっぱり感覚、価値観、子どもの子育てに対する価値観だったり、そいういったところの価値観が合ったという事ですかね。

♪若いころは見た目とかを重視していたのが、生活を感じる人と出会えたことで変わったという事ですね!

<Q:ハタラクことや生活に「しんどい」と思った時期はありましたか?乗り越えられた理由・・・影響を受けたコト・モノを教えてください。>

肉体的には確かに毎日頑張っているのでしんどいですが、就職したての頃は慣れていないので精神的にもしんどいと思いますけど、乗り越えられるものというのはやはり家族かなと思いますね。ここ耐えないと美味しご飯も食べれないですし、クリスマスプレゼントも買ってやれないし、というような気持になるかな?と思いますね、乗り越えられるのは家族の存在が一番大きいと思います。

就活の時期、成人式の時期から3月などは本当にお客様が多くて休みも少なくなります。棚卸しなども入ってくると思うので正直、店でも働いて家に帰ると家事育児が待っているので、独身社員の2倍働いている気がする。体力的には本当にしんどいんですけど、スーツ屋さんは夏場仕事が落ち着いてくるので、今の忙しい時期はいつか終わると思って、毎年その繰り返しで頑張っています。子どもや主人家族があるから頑張れるというのはある。

DSC_0144 DSC_0142 DSC_0133

DSC_0153

ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

 

 

 

BACK