2016.12.09

お宅訪問 【イクメン編】

こんにちは!ワークライフ・コラボ学生スタッフの寺岡です。

12月3日(土)9~14時、学生スタッフ小池さんとともに、奥さんと2歳児を育てる「イクメン」西村祐典さんのお宅を訪問させていただきました。

玄関で私たちを迎えて下さったのは西村祐典さんとお子さんSくん。奥さんはお仕事のため不在でした。私たちは初のお宅訪問で緊張していて、その緊張が伝わったのか、Sくんは一言も喋ってくれませんでした。

西村さんの提案で、4人で近くのスーパーに行くことに。Sくんをアンパンマンの自転車に乗せそれを押す西村さんの姿は、パパそのものでした。乗り物が大好きなSくんを車の形をしたカートに乗せ、スーパーの店内を回りました。Sくんとの普段の話を聞くうちに楽しそうだなと思う反面、自分が将来、西村さんほどの余裕を持って子育てできるか不安になりました。

12%e6%9c%883%e6%97%a5-%e3%81%8a%e5%ae%85%e8%a8%aa%e5%95%8f_2263 12%e6%9c%883%e6%97%a5-%e3%81%8a%e5%ae%85%e8%a8%aa%e5%95%8f_8873

西村さんは幼児教室「にじいろえんぴつ」を運営しています。やっと懐いてくれたSくんを抱っこしながら2階の「にじいろえんぴつ」スペースへ。教室でも使用している小麦粉粘土を作って遊びました。粘土といっても小麦粉でできているので食べても安心だから、好きに遊ばせてあげることができるのはいいなと思いました。Sくんに小麦粉粘土をくっつけると、笑って楽しんでくれたのが凄く嬉しかったです。

12%e6%9c%883%e6%97%a5-%e3%81%8a%e5%ae%85%e8%a8%aa%e5%95%8f_848312%e6%9c%883%e6%97%a5-%e3%81%8a%e5%ae%85%e8%a8%aa%e5%95%8f_995

今回のお宅訪問をするまで、「イクメン」に関わったことはなく、「どういう風に子どもと接しているのだろう」「家事も育児も仕事もは、大変なのではないか」と疑問に思っていました。西村さんは子どもの個性を見ながら、発達段階に合った子どもとの遊びを実践していて、凄く素敵だと思いました。私も将来まねしたい子どもとの接し方を見ることができました。子どもが寝ている時やひとりで遊ぶ合間に、家事や仕事をしていて、時間の使い方を学びました。

12%e6%9c%883%e6%97%a5-%e3%81%8a%e5%ae%85%e8%a8%aa%e5%95%8f_4484

今回のお宅訪問で、西村さんとお話させていただいて、将来、自分が子育てをする立場になった時に、夫にはイクメンになって欲しいと思う気持ちが強くなりました。夫がイクメンになるために自分にできることはなんだろうと考えるようになりました。今回は奥さんがいらっしゃらなかったので、奥さんにもお話を聞ける機会ができればいいなと思います。

西村さんは保育士をされていたからこそ、子どもとの接し方の知識を持たれています。しかし、学ぶ機会がない人には自分が子どもを産むまで、何の知識もないのではないかと思います。子育てや結婚に焦点をあてた講習会や、子育て体験などの事業が一般企業や学校などで行われれば、もっと身近にそれらを考えるきっかけになり、実際の経験にもなると考えます。

主体的に自分の将来について考え、自らが行動を起こし、得た知識を発信することが大事だと、今回のお宅訪問をしてから強く感じるようになりました。その感じたことを、これからのライフデザイン事業や自分の生活に活かしていきたいと思います。

快く今回のお宅訪問に協力してくださった西村家の皆様、本当にありがとうございました!

12%e6%9c%883%e6%97%a5-%e3%81%8a%e5%ae%85%e8%a8%aa%e5%95%8f_25112%e6%9c%883%e6%97%a5-%e3%81%8a%e5%ae%85%e8%a8%aa%e5%95%8f_7371

BACK