2016.11.29

子育て体験@みかん保育園(伊予市)

ライフデザインプロジェクト学生スタッフのさっちです。

p1020095

11月25日(金)14:00~18:00、伊予市の「みかん保育園」で行われた子育て体験に男子大学生と私の2名で参加させていただきました。

 

まず大野園長先生に保育園の設立に至った経緯や、実現したい保育についてお話を聞かせていただきました。この保育園があることで多くの保護者が救われているのではないだろうかと想像し、私も将来子どもをもつことがあれば、みかん保育園のような施設を利用したいと思いました。

 

「みかん保育園」は4か月~2歳の乳幼児が利用することができます。1、2歳児は人見知りが始まる時期でもあり、私の姿を見るなり泣き始めた子もいました。また、先生が絵本を読み始めると、子どもたちはすぐにお話に夢中になりました。絵本の中でうさぎが登場した場面では、うさぎの真似をしてぴょんぴょん跳んでいる子どもたちもいて、とても可愛かったです。私が感じたことは、子どもたちはみんな保育士さんのことが大好きだということです。保育士さんが移動するたびにその後を追いかけていく子ども達の姿がとても印象的でした。

 

「みかん保育園」に併設されている「みかんキッズクラブ」にもお邪魔しました。「みかんキッズクラブ」は、小学1~6年生を対象に下校後19時まで預かってくれる施設です。この日は、月に1回の英語の授業がある日でした。子どもたちが英語で自分の欲しいお菓子を伝え、100$分のお買い物をする「お店屋さんごっこ」のお手伝いをさせていただきました。中には英語が苦手な子どももいるそうですが、遊びを取り入れることで子どもたちはとても楽しそうに英語と触れ合っていると感じました。

p1020090

宿題が終わった後は、外遊びをしたり室内でトランプゲームをしたりしました。外で鬼ごっこをした際、元気いっぱいの子どもたちに男子学生スタッフも疲労困憊でした。しかし、子ども達のキラキラした表情を見て、自分達も非常にほっこりした気持ちになりました。

 

今回、「みかん保育園」と「みかんキッズクラブ」の両方で子育て体験をすることができました。「みかん保育園」の1、2歳児は私の姿を見て泣いたり、逃げたりしたのに対して、「みかんキッズクラブ」では、私に自ら寄ってきてくれる子どもが多く、乳幼児期と児童期の違いを実際に感じ取ることができました。長時間子どもと接する機会は初めてで、緊張もしました。多くの子どもたちが「お姉さん、この問題の解き方教えて」「音読聞いて」と寄ってきてくれてすごく嬉しかったです。

 

「みかん保育園」「みかんキッズクラブ」のみなさん、本当にありがとうございました!

 

p1020108p1020106p1020115

BACK