2016.11.28

環太平洋大学短期大学部での出張講座

平成28年11月22日(火)9:00~11:00愛媛県宇和島市の環太平洋大学短期大学部にてライフデザイン出張講座が開催されました。

 

ライフデザイン出張講座では、学生自らが主体的にライフデザイン(人生設計)できることを目的とし、愛媛県内の高校・大学等で「出張講座」を実施しています。就職の先の結婚や子育てを知る機会、考える機会がほとんどない学生が、社会人講師の多様なハタラク・ケッコン・コソダテの話を聞くことで、親になることを含めたライフデザインを描くきっかけになることを目指しています。

 

今回、この講座を受講されたのは、環太平洋大学短期大学部子ども教育専攻の43名の女子学生のみなさんです。将来は保育士を目指しながらも、先の見えない就職・子育て、仕事と家庭の両立に不安を抱えている学生もいました。

 

社会人講師は、保育の現場(保育園、幼稚園)で勤務後、保育士の資格を活かしつつ、現在は施設以外で活躍されているお二人にお話していただきました。

dsc01940dsc01910dsc01916dsc01922dsc01926dsc01930dsc01933dsc01936q

■株式会社メディカグループ 戸塚知美さん

母親向け情報サイト「母子箱(もこぼっくす)」広報マネージャー

「保育士だから、子どものことをよく知っているからといって、自分の子育てが簡単にできるわけではない。初めての出産・育児は悩むこともあったが、仕事も育児も両方楽しむことができる幸せを感じている。保育園や託児所、子育てを応援する企業とやり取りがある今の仕事では、保育士資格が役立っている。保育士の活躍の場は幅広い。一度きりの人生、思いっきり楽しんでください!」とのメッセージが伝えられました。

 

■にじいろえんぴつ 西村祐典さん

「10年間保育園で働いた後、家族との時間を大切にしたいと、自宅にて幼児教室を開業しました。遊びを通じて子ども一人一人の特性を読み取り、得な分野やスポーツなどにつなげる支援をしています。保育士の経験を活かしながら、自身のペースで働き、家事もほとんど自分が担当しています。仕事も家庭も趣味も満喫したい。親が人生を楽しむ姿を子どもに見せ、子どもの記憶に残る毎日を過ごしていきたいと思っています。皆さんもこれからの人生をぜひ想像してみてください」と学生たちに笑顔で語りかけられました。

 

受講後のアンケートでは、

・将来のことを深く考えたことがなかったが、結婚して子育てをする自分を想像することができた。

・以前は仕事と子育ての両立はイメージできなかったけど、実際に両方とも楽しんでいる方の話が聞けて自分にもできるかもしれないと思えるようになった。

・大変さの反面、楽しいことも待っていると知った。明るく話す2人に希望を感じた。

・お話を聞きながら「自分はこういう将来にしたい」と思った。

・具体的な結婚・子育ての話で不安が取れた。未来は明るいと思った。

・保育士になって早く働きたくなった。結婚も早くしてみたいと思えるようになった。

・もっと子育てや家族の写真が見たかった。

という意見をいただきました。

学生の皆さんには今回の講座が、「少し先の自分の未来」をイメージするきっかけになったようです。

 
%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88

BACK