2016.10.16

子育て体験レポート:くーふぁん

ライフデザインプロジェクト学生スタッフのさっちです。

9月29日(木)10:00~14:30「子育てひろばくーふぁん」で行われた子育て体験に参加させていただきました。

まず、くーふぁんを運営する団体「NPO法人子育てネットワークえひめ」の代表である山本由美子さんからくーふぁんの施設概要について説明して頂きました。山本さんには、8月に行われた子育て体験プログラム(子育て施設を訪問する前に、事前に子育ての知識を勉強しました!)にも講師としてお話いただき、「NPO法人子育てネットワークえひめ」を立ち上げるに至った経緯や取り組み内容、立ち上げて良かったと思う点等、ためになるお話を沢山聞かせて頂きました。くーふぁんさんに置くおもちゃは、子どもの想像力を膨らませることのできるものを選ぶようにされているなど、おもちゃ一つ一つについてもお子さんや保護者のことを考えて選んでいるのだと強く感じました。

次に、お母さんとお子さんがいる部屋に移動し、赤ちゃんを抱いたり、おむつ替えをしたりなど色々な体験をさせて頂きました。赤ちゃんを抱くことは想像以上に難しく、山本さんに何度もやり方を教えて頂いて、何とか抱くことができました。しかし、私の抱き方がぎこちないせいか、赤ちゃんを泣かせてしまい「どうしよう!」と焦りました。保育士さんに代わってもらうと赤ちゃんは泣くのをやめて、抱っこにもコツがあるのだと思いました。

午後からは、食物アレルギーのあるお子さんをもつお母さん方との座談会が行われました。実際に、お母さん方の話を聞いていく中で、子どもにアレルギーがあることでお母さん自身も食べるものを制限しなければならないなど、非常に食に気を使っていると感じました。参加者の皆さんの身近には、アレルギーのあるお子さんをもつ親がおらず、相談したいことがあってもできないという保護者も少なくないと思います。こうした同じ境遇、アレルギーのあるお子さんをもつ親が集まる場があることは、親にとって非常に心強いものだと感じました。

今回の子育て体験において、赤ちゃんを抱いたり、実際に保護者の方からお話を聞いたりなど普段できない体験をさせて頂いて、非常に勉強になりました。子どもたちとの接し方が分からず、戸惑ったこともありましたが、くーふぁんの職員の方がサポートして下さり、とても有難かったです。

ご協力いただいた子育てひろば「くーふぁん」の皆様ありがとうございました。

p160929%e2%91%a2

BACK