2016.08.16

子育て体験プログラムPart 2【後期コース】

DSC01008DSC01063

前期コースの受講生は2名でしたが、後期コースは一般の学生さんも加わり12名の参加でした。

日時:8月11日(木)10:00~12:00

内容:子育て体験についての心構え

講師:ワークライフ・コラボ スタッフ

IMG_0425(編集済)DSC00997

この事業が少子化対策事業ということで、愛媛県の少子化事情など必要な知識を得ました。出生率のグラフを見て、私の両親が生まれたころと今を比べると赤ちゃんの生まれる人数は半分以下になっており、ショックを受けました。また子育てでは周囲の方の協力や地域での協力が必要であることを改めて感じました。私も含め、子育てに協力的な人が増えればと思います。

(学生スタッフ:一色)

 

日時:8月11日(木)13:00~15:00

内容:子どもの発達 体の成長

講師:松山東雲女子大学 直井玲子先生


DSC01000 DSC01012 DSC01035 DSC01038 DSC01048 DSC01056

直井先生から、子どもたちの成長について学びました。

①子どもの興味を引き出すこと

②子どもの興味あることを活かし、伸ばすこと

2つの話が印象に残りました。

子どもが興味あることを知るために、子どもと同じ目線、視点にあることもとても大切なことであると感じました。親として、保護者として、子どもをどのように育てていくかを考えることが重要だと思います。私も子どもが何を思っているかを考えながら子育て体験に励むことができるといいな、と思っています。

(学生スタッフ:西谷)

 

日時:8月12日(金)10:00~12:00

内容:子どもとの接し方 遊び

講師:松山市健康福祉部 保育・幼稚園課 職員のみなさん

IMG_0436(編集済) DSC01067 DSC01073 DSC01075 DSC01079 DSC01089

子どもの発達段階に応じた遊びや接し方を、実際の手遊び歌を交えながらの講義で参加者とても楽しめる内容でした。「六角変わり絵」を作るときは、理解している人が分かっていない人へ教えてあげるなど、参加者同士でよいコミュニケーションにもなりました。

手遊び歌を歌いながら実際にしてみたり、折り紙を折ったりすることで、昔自分の周りの大人がしてくれたことを思い出したりもしました。自分でしてみるころで、子どもと接する楽しみが膨らみ、発達段階に応じた遊びが大切であることも感じました。

子育て体験実施時には、学んだことを活かして子どもそれぞれに応じた遊びをし、一緒に楽しみたいと思います。

(学生スタッフ:寺岡)

 

日時:8月12日(金)13:00~15:00

内容:育児サポートに必要な知識とスキル

講師:NPO法人子育てネットワークえひめ 山本由美子さん

DSC01107

 

 

 

 

 

 

多くの学生は小さい子どもと触れ合う場面も少なく、学生からは「子どもとどのように関わり、どのように触れ合えばいいのか分からない」という声を聞くこともあります。

この子育て体験プログラムで、成長に伴う子どもの変化や昔ながらの遊びなどを学び、今後の子育て体験活動を行っていく上で、大変勉強になった時間となったようです。

(社会人スタッフ)

BACK