2016.03.09

子育て体験!隣保館保育園

こんにちは。学生スタッフのまっちゃんです。

今回の隣保館保育園での子育て体験は、 今年度最後の体験交流となりました。
隣保館さんでは今回で2回目の子育て体験です!

午前中、学生はクラスごとに分かれ、それぞれのクラスの 子どもたちと交流しました。わたしは2歳のクラスに お邪魔しましたが、
みんなとても元気で、人見知りせずに すぐに遊んでくれる子が多かったように思います。

②1.18隣保館

はじめはブロックやお人形でごっこ遊びなどをしていました。
話しかけてくれた子達は、 「これ(ブロック)でおうちつくってるんだよ」と見せてくれたり、 「ごはんできた!」と、おままごとに仲間入りさせてくれたりして、こちらもとても楽しく嬉しかったです。

2歳の子達ということで、まだあまりおしゃべりが出来ない子も いましたが、そういう子達は楽しそうに寄ってきてくれたり、
おもちゃを見せてくれたりして、表情や動作で 気持ちを伝えてくれました。

昼食の前には手を洗いますが、「ほうきに乗って行こう!」と 子どもたちにとって手洗い場に行くのが楽しくなるように、 先生が工夫されていました。棒に跨って手洗い場まで楽しそうに 向かう子どもたちを見ていて、こちらまで楽しくなりました。

昼食ではスプーンを使っている子がほとんどだったのですが、 中にはお箸を補助道具をつけながら使っている子もおり、 そういう練習もしっかりされているのだなと思いました。

お昼寝の前には、着替え、トイレのお手伝いなどをさせて もらいました。子どもたちのペースが本当に様々なので、 既に眠れる態勢の子がいたり、まだ着替えていない子がいたり、みんなばらばらで大変でした。しかし先生方は、どの子が まだトイレに行っていないとか、この子の着替え道具が 出ていないとか、常に教室全体隅々まで見ておられて 本当にすごいと改めて思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.18隣保館③

1.18隣保館①

 

こんにちは。学生スタッフのまあちゃんです。

今回は子育て体験特別企画として、午後からの時間、 先生方と園児にインタビューをし、さまざまな質問に 答えていただきました。

まずは園長先生と2名の先生に7つの質問に答えていただきました。

①こういう先生になりたいという理想は?
・主体的にいろいろな活動をしたり、やりたいという 意欲をもったりできるような子を育てられる先生になりたい
・子ども一人ひとりのことを考えられる先生になりたい
・優しく笑顔でニコニコしている先生になりたい

②園児一人ひとり性格が違うと思うが接し方は変えているのか?
・性格や、好きなこともそれぞれ違うので声のかけ方を変えている
・子どもの様子をよく見て対応の仕方を変えている

園児に注意した時に、そのことを引きずって落ち込んだままでいるときはどのように声をかけるのか?
・注意をしたらそのあとに必ずフォローをするようにしている
・どうすればよかったのかを一緒に考えて、納得するまで 話をするので、落ち込んだままでいるということはない

④他の子を褒めてやきもちを焼いてしまったら どんな言葉をかけるのか?
・誰かが先生に褒められていたら、それを見た子がやきもちを焼くの ではなく、自分もできるようになろうと頑張ってくれている

 ⑤どのようなときに保育士としてのやりがいを感じるか?
・子どもたちが保育士を頼りにしてくれるときにやりがいを感じる

⑥保護者とのかかわりの中で気を付けていることは?
・保護者の話をよく聞いて信頼関係を築くようにしている
・保育園でやってみて良かったことを伝えて、保護者の不安を 解消できるようにしている

⑦保育園を選ぶときのポイントは?
・自分の足と目で保育園をよく見てみることが大事
・園の教育方針もそれぞれ違うので自分の子にあったところを 選ぶといい

 

続いて園児たちにも質問しました。
答えてくれたのは、うさぎ組(2歳児)、きりん組(4歳児)、 ぞう組(6歳児)です。

 

3表

 

 

先生方へ質問をしてみて、先生は園児が保育園で楽しく 過ごせて成長できるように様々なことに気を使っていて、園児一人ひとりのことをよく考えていて大切に しているのだということを感じました。また、自分の 担当しているクラスのことは自分だけで解決するのではなく、 他の先生ともコミュニケーションをとって協力しあっている そうで、チームワークを大切にしていることがわかりました。

1.18隣保館④

園児へのインタビューでは年齢によって回答も少し変わって きていて、特に「何して遊ぶのが好き?」という質問に対しては、
うさぎ組さん(2歳児)ではブロックや車で遊ぶというもの だったのが、ぞう組さん(6歳児)ではあやとりやお手玉と いった難しい遊びも出てきて、成長と共に遊び方も変わって、 遊びの幅も増えるのだなと思いました。「保育園好き?」という 質問に対してみんな笑顔で「好き!」と答えてくれて、友達と 一緒に遊ぶのも楽しいと元気よく答えてくれたのが印象的で、 隣保館保育園のことが大好きという子どもたちの 気持ちを感じることができました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回で今年度最後の子育て体験となり少し寂しいですが、子ども達と先生方と、とても楽しい交流と経験が出来ました!
この場を借りてお礼申し上げます。
今回も本当にありがとうございました!

BACK