2016.01.07

子育て体験!えみかキッズ☆

こんにちは、ライフデザイン学生スタッフのあゆりんです!
12月7日に愛媛大学城北保育所「えみかキッズ」にて、
愛媛大学生を対象にした子育て体験が行われました。

「えみかキッズ」とは、愛媛大学がワークライフ・バランスを
構築する取り組みの一環として設置した保育所です。
こちらでは、愛媛大学に所属する教職員や学生が
保護者である乳幼児が対象となっています。

「えみかキッズ」では、多彩な行事や保護者参加、園庭の畑を
利用するなど職場にある小規模園ならではの保育を実践しています。

ここから、今回の子育て体験の様子を少しお伝えします。

午前中は、英語の時間と自由に遊ぶ時間があり、
そのあとお昼ごはんを食べました。

まず、外国人の先生と教育学部の学生2人による
英語の時間を見学しました。この時間は、
先生が天気や果物の名前などを英語で教えていました。
リズムに合わせて繰り返したり、体を動かしたりして、
子どもたちが楽しんで勉強できるように
様々な工夫がされていました。

次に、屋内や屋外で自由に遊びました。屋内ではブロックを
使ったりして遊び、屋外では三輪車などに乗って遊んでいました。

そして、絵本を読んだり先生に読み聞かせをしてもらったり
したあと、お昼ごはんを食べました。学生は子供たちに苦手なものを
食べさせるなどのお手伝いもさせていただきました。

12.7えみかキッズ修正写真①

12.7えみかキッズ修正写真②

ここで、午後の体験までの間に、先生方との座談会が開かれました。
まず、保育士という仕事についてお聞きしました。
現在、悩みを聞くなどの保護者支援が保育士にとって
大事な仕事になっているそうです。園長先生は保育士について、
ハードで体力がいる、一人一人への細かい対応が求められる、
書き物や制作物が多いなどの大変さを語っていました。
都市では保育士の採用難と勤続年数の短さが問題となっており、
待遇改善が求められています。

次に、「旦那さんが手伝ってくれない場合はどうすればよいか」
という質問をしました。

先生は、日頃から夫婦間のコミュニケーションをきちんととり、
夫も巻き込んで手伝ってもらえばよいとおっしゃっていました。
また、その際に感謝の気持ちを伝えることが重要なのだそうです。

座談会の最後に、先生方から学生に向けて、

・資格を持っていても親としては初心者で子どもに
親にしてもらっている状態、子どもと共に成長するもの。
・いい意味での『まあいっか』が大切。ずっと張りつめていたら
いつか爆発してしまうから息抜きをして
気持ちに余裕を持つことが必要。
・主婦でも共働きでも自分と子どもだけの世界に
閉じこもらず外に目を向けよう

というメッセージをいただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

午後の体験では、子どもの着替えやおやつを食べる
手伝いをしたり、絵本を読んだりしました。

着替えではボタンをかける手伝いをして、おかしを食べる時は
袋を開ける手伝いをしました。子どもたちは、
最初は難しそうでしたが、やり方を教えてあげると
自分でするようになり、少しの時間でも
子どもたちの成長を感じました。

午後までの体験で今回の子育て体験は終わりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA



最後に、参加学生の感想を一部紹介します。

————————————————————————–
今回は二度目になりますが、えみかキッズに
お邪魔させていただきました。
前回は午前と午後と両方参加しましたが、今回は
午前だけの参加になってしまい残念でした。ですが今回のほうが、
子どもたちと早く打ち解けることができたし、自分の口数も多く
密度が高く濃い時間を過ごせたと思います。(愛媛大学3回生男子)

今回が初めての1日体験で、保育士さんとの座談会にも
初めて参加させていただきました。私は、子どもを保育園に
預けるのは可愛そうだと思っていたのですが、
今回の座談会で保育士さんの子どもたちへの思いを知ることができ、
自分の考えが変わりました。子育て経験者や保育士さんの
お話を聞くことで得るものもたくさんあるので、このような機会を
持つことがやはり大切なのだと実感しました。(愛媛大学3回生女子)

子どもたちの着替えからおやつタイムのお手伝いをして、
次々と変わる子どもたちの表情がとても面白かった。
一緒に絵本を読んでいる時も反応が可愛くてしょうがなかった。
小さな子どもたちと触れ合うのが久しぶりで接し方に
戸惑うこともあったが楽しくて時間が過ぎるのが
あっという間だった。座談会では学生と3人の社会人スタッフの方の
お話を伺った。少しの間子どもと触れ合うだけでは、
子どもの可愛さや子育ての楽しさは伝わっても大変さや
苦労などは中々見えてこない。だからこそ、子育てを経験した
親御さんにじっくり話を聞くことの大切さを今回の
座談会で改めて感じた。(愛媛大学3回生女子)

———————————————————————–
今回の体験は、参加した学生にとって将来について
考える貴重な機会になりました。ご協力していただきました、
愛媛大学城北保育所「えみかキッズ」の皆様、
ありがとうございました。

BACK