2014.11.30

11月25日虹のそら保育園のコソダテ体験。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

松山市内の3保育園と子育て支援センターの計4カ所で

大学生が子育て体験をするライフデザインプロジェクトの「レッツコソダテ体験」。

 

今回は、11月25日に松山市朝生田町の「虹のそら保育園」で行ったご報告です☆彡

午前の部は10:00~14:00まで、給食も一緒に食べます。

午後の部は13:00~17:00までで、親御さんのお迎えの様子を見ることができます。

 

参加学生(午前の部4名、午後の部5名)のうち、学生スタッフを除くと全員が男子学生さんなのです!

 

意外に、この子育て体験、男子学生さんの参加率が高いです。

 

そしてこの日は、テレビ局も取材にお越しくださいました。

 

たくさんのカメラと、小さな子どもと触れ合う初体験で、緊張気味の学生さん。

体験が始まると、ごっこ遊びをしたり、レゴを組み立てたり、お遊戯を一緒に踊ったり、全力かつ優しいお兄ちゃんたちは、たちまち子どもたちの人気者に。

 

おいしい給食を子どもたちと一緒にいただき(給食もおいしい!)、

 

午後からは、午後の部の学生さんも加わり、保育士さんを囲んでの座談会。

子どもを授かってから保育士免許をとった方や、反抗期を乗り越えた子どもを持つ方など、たくさんの保育士さんがいらっしゃいました。

 

「体験してどんな感想だった?」と園長先生が尋ねると、「子どもたちの目配りがすごい」「どうやって相手をする優先順位をつけるのか」などすっかり先生目線(笑)

 

子育てに対してマイナスイメージがある学生さんに「大変だけどその分楽しく、得るものがある」とご家庭の体験談も交えてお話していただきました。

 

最後に、結婚、子育てへの不安を口にする男子学生に「今日のみなさんの様子を見ていたら、いいお父さんになる確信がある。安心して!」とエールをいただきました。

 

体験を終え、全力で遊びヘトヘトの学生さんたち。

「先生たちが子どものことをよく見ていて、保育園が安心して子どもを預けられる場所だと分かりました」

「将来の不安が少しだけなくなりました」

と、話していました。

 

いま体験することで、この先の未来図がちょっとだけ輝きますように―。

参加学生さん、体験お疲れさまでした。

ご協力いただいた「虹のそら保育園」の皆さま、ありがとうございました!

 

BACK